内閣支持率低下「真摯に受け止める」 鳩山首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は8日朝、報道各社の世論調査で内閣への不支持率が支持率を上回ったことについて、「謙虚に真(しん)摯(し)に受け止める必要がある。政治とカネの問題が中心だと思うが、『政治を変えてくれ』という声も根強い。政権交代をした原点に立ち返って厳しい声にこたえていきたい」と述べた。首相公邸前で記者団に答えた。

 各社の調査結果で、民主党の小沢一郎幹事長の辞任を求める声が7割前後に達したことについては、「検察で公平公正の中で判断されたところをしっかりと説明する。幹事長と私自身が、しっかりと説明しながら答えていくことに尽きる」と語った。

【関連記事】
小沢氏不起訴 「幹事長職は?」「説明責任は?」不信感渦巻く街の声
野党3党に渦巻く落胆と怒り 「政治責任」をなお追及へ
市場関係者、“鳩山政権通信簿”はギリギリ及第点
カモかチキンかサギなのか ハトは5月が正念場
谷垣自民 切り札なき「逆襲」

“拳銃”構えた年賀状で弁護士を懲戒処分(産経新聞)
<内服薬>バラバラ処方せん標準化へ 誤読の危険回避へ(毎日新聞)
北海道知事「事実なら強く抗議」=国後沖銃撃(時事通信)
追い抜かれ立腹、信号待ちのトラック運転者殴る(読売新聞)
トヨタ佐々木副社長、国交省で事情説明(レスポンス)
[PR]
by jld7htueup | 2010-02-09 16:13


<< 慢性化しやすい欧米型B型肝炎、... 小沢幹事長の続投「考えに変わり... >>