再度「自白」のテープ再生=取り調べた元検事出廷へ−足利事件再審公判・宇都宮地裁(時事通信)

 栃木県足利市で1990年に4歳女児が殺害された足利事件で、無罪が確定的になっている菅家利和さん(63)の再審第5回公判が22日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で開かれた。うその自白を撤回した菅家さんが、検察官の取り調べでDNA型鑑定の結果を基に追及を受け、再度「自白」した際の録音テープが再生された。
 同日午後には、調べを担当した森川大司元検事が証言する。
 再生されるのは、菅家さんが一審公判中だった92年12月8日の取り調べを録音したテープ。弁護団がまとめた記録によると、森川元検事は菅家さんが前日に「自白」を一転させたことに対し、捜査段階のDNA型鑑定の結果を挙げ、「菅家さんの体液と一致する体液が(犯行現場に)ある」と述べ、問いただしたとされる。
 さらに、元検事は足利事件の起訴は菅家さんが事件を認めたからではなく、ほかにも証拠があったからと追及。菅家さんは断続的に沈黙を続けた後、「勘弁してください」「すいません」と言って、泣きながら再び「自白」に転じたという。
 元検事は「本当に人間としての誠実さの問題。起訴した事件は間違いないと思ってるから」と述べた様子も録音されているという。 

【関連ニュース】
震える声「やってません」=「自白」撤回のテープ再生
取り調べテープ再生=「話しちゃえよと言われた」
11年前にも男性殺害か=経営者強殺事件の被告ら-3人再逮捕へ・宮城県警
井戸の底から遺体発見=屋久島の不明男性か

<政教分離訴訟>原告笑顔で会見 「地域の施設」困惑も(毎日新聞)
浅川マキさん ホテルで急死 67歳 名古屋公演で滞在中(毎日新聞)
「犠牲者の分、精いっぱい生きる」=「1・17のつどい」に8000人(時事通信)
節分の巻きずし商標訴訟、イオンが逆転勝訴(読売新聞)
ハイチ大地震 日本の専門料理店で募金 客から支援の声(毎日新聞)
[PR]
by jld7htueup | 2010-01-25 15:47


<< JR東海、リニア海外展開へ 米... 口座から出金3億円=小沢氏「土... >>