中国船、日本のEEZ内で海保船に接近 外務省が厳重抗議(産経新聞)

 海上保安庁は4日、中国の国家海洋局の海洋調査船「海監51」が3日午後、奄美大島北西沖約320キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で、海上保安庁の測量船「昭洋」に接近、約3時間45分にわたり追跡してきたと発表した。海監51が調査の中止を要求したため、日本の外務省は4日、中国政府に厳重抗議した。

 海上保安庁によると、現場は日本のEEZ内で、地理的中間線から日本側に約40キロの東シナ海。同庁の測量船が活動中に外国船に接近され、調査中止を求められたのは初めてという。

 昭洋が地殻構造調査を行っていた3日午後2時ごろ、海監51が徐々に接近。最接近時は約1キロ弱の距離になった。同3時半ごろには、海監51が無線で「この海域は中国の規制が適用される海域だ」と主張し、昭洋に調査を中止するよう呼びかけた。

 昭洋は「日本の大陸棚であり国際的に正当な調査を行っている」と応答したが、その後も海監51は追跡をやめず、調査継続に支障が出たため、昭洋が予定を変更して奄美群島方向に向かうと、同5時45分にレーダーから消えたという。

 先月8日と21日には、中国海軍艦艇の艦載ヘリコプターが公海上で海上自衛隊の護衛艦に接近し、外務省が中国側に抗議している。

【関連記事】
ヘリ接近、再発防止策必要 高村氏、中国党幹部と会談
中国ヘリ異常接近 中国軍拡の見方に濃淡 産経は「国益」にも言及
中国海軍の動向分析 北沢防衛相が表明
胡主席、上海で金委員長と会談 総書記訪中協議も?
主権回復の日 守りたい領土と海洋権益

末期がん患者への介護サービス迅速化を―厚労省(医療介護CBニュース)
ユズやスダチを試験栽培=気候変動、温暖化に対抗−「生産作物広げる狙い」・山形(時事通信)
2010年の子ジカ第1号が誕生=奈良〔地域〕(時事通信)
新型インフル 国内確認1年 感染伝達、患者は最後(毎日新聞)
新型インフル 国内確認1年 感染伝達、患者は最後(毎日新聞)
[PR]
by jld7htueup | 2010-05-11 18:06


<< 鳩山首相が英新首相と電話会談(... <質問なるほドリ>徳之島ってど... >>