<質問なるほドリ>徳之島ってどんな島?(毎日新聞)

 ◇「長寿」「子宝」「政争」が有名 奄美2番目の規模、3町に2万6000人

 なるほドリ 政府が普天間飛行場の移転先として打診した徳之島ってどんな島なの?

 記者 鹿児島県・奄美群島で2番目に大きい島です。県本土から南に約400キロ、沖縄本島からは北に約200キロに位置し、鹿児島空港から飛行機で約1時間。徳之島、伊仙(いせん)、天城(あまぎ)の3町があり、人口は計約2万6000人です。

 Q 何が有名なの?

 A なんと言っても「長寿」と「子宝」です。伊仙町は男性長寿世界一記録を持つ泉重千代さん(享年120)と元長寿世界一の本郷かまとさん(同116)の出身地です。1人の女性が一生に産む子供の平均人数を示す合計特殊出生率では、3町が全国トップ3を独占しています。ちなみに1位の伊仙町は03〜07年の平均が2・42で最下位の東京都目黒区(0・74)の3倍以上です。

 Q 観光地はないの?

 A たくさんあります。かつては新婚旅行のスポットでもありました。海水浴場、キャンプ場、釣り場−−ときりがありませんが、闘牛が代表的な観光の一つです。約500年の歴史があり、年3回、島のチャンピオンを決める全島大会が行われ盛り上がります。最近では、00年のシドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんがほぼ毎年合宿地にしていたことでも知られます。高橋さんが練習に使った道路は「尚子ロード」と呼ばれています。

 Q かつては「政争の島」だったとも聞いたけど?

 A 衆院奄美群島区(定数1)だった83年ごろから自民党の保岡興治・元法相と、徳之島出身で自由連合を設立した徳田虎雄・元衆院議員が激戦を繰り広げました。「保徳(やすとく)戦争」と呼ばれ、市町村選挙でも「代理戦争」となり、街を二分する戦いが続きました。開票所への投石、支持者同士の小競り合いなどトラブルが続出し、県警が機動隊を派遣するのが恒例でした。開票所を入場制限したり、パトカーが投票箱を護衛することもありました。

 Q 「戦争」はまだ続いているの?

 A いいえ、06年に徳田氏の次男で衆院議員の毅氏が自民党入りして対決構図が崩れ、終息しました。昨年10月の伊仙町長選では機動隊派遣が見送られ、静かな選挙になりました。ようやく落ち着いたところに降ってわいたのが今回の移設問題です。島民の中には「また政争に巻き込まれるのでは」という声も上がっています

<大麻解雇訴訟>元露鵬と元白露山の請求棄却…東京地裁(毎日新聞)
温暖化基本法案が審議入り=温室ガス20年までに25%削減−衆院(時事通信)
<巨大こいのぼり>100匹スイスイ 栃木・壬生町(毎日新聞)
横浜APECはSP1千人超 警察庁、初の事前訓練実施へ(産経新聞)
20日に全国学力テスト=事業仕分けで抽出調査に−文科省(時事通信)
[PR]
by jld7htueup | 2010-04-24 14:06


<< 中国船、日本のEEZ内で海保船... 海外での日本人死刑執行は中国以... >>