ヘリ近接飛行で事実関係照会=中国側に外交ルートで−防衛省(時事通信)

 中国海軍の艦艇10隻が沖縄近海通過前、艦艇から発艦したとみられるヘリコプターが警戒監視中の海自護衛艦に接近して飛行した問題で、防衛省は13日までに、外交ルートを通じ中国側に事実関係の確認を申し入れた。赤星慶治海上幕僚長が同日の記者会見で明らかにした。
 防衛省によると、ヘリは8日午前、東シナ海中部海域を航行中の護衛艦「すずなみ」に接近。最接近時の水平距離は約90メートル、高度は約30メートルで、乗組員が安全航行上危険だと感じたという。
 中国海軍の艦艇は7日から9日にかけて同海域で艦載ヘリの飛行訓練を実施しており、接近したのは訓練中の艦載機とみられる。 

【関連ニュース】
【動画】第26回自衛隊観艦式
【特集】無人機プレデター&リーパー〜忍び寄る死神〜
〔特集〕真珠湾攻撃〜ワレ奇襲ニ成功セリ〜
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
【特集】陸上自衛隊装備図鑑〜新型戦車、10年度配備へ〜

舛添氏に毅然と対応を=自民総務会長(時事通信)
ODA座長人事に「遺憾」=受注側が評価兼ねる−外務副大臣(時事通信)
与謝野氏、新党結成で参院選後に言及へ(産経新聞)
部下暴行容疑、福岡県警警部補を書類送検(読売新聞)
コンテナ回収作業を再開 山崎さん19日帰還へ(産経新聞)
[PR]
by jld7htueup | 2010-04-19 22:54


<< 海外での日本人死刑執行は中国以... 春の交通安全運動 交差点は気を... >>